今は若者の活字離れが問題となっているのをご存知でしょうか。
携帯電話やスマートフォンの普及で、わざわざ本や新聞を読む必要がないということなのでしょう。
わからないことがあればすぐにインターネットで検索できますし、ニュースもインターネットにつなげば最新情報が流れています。
確かにこうなれば、わざわざ本も新聞もいらないかもしれません。

しかし、昔から日本には有名な国内作家がたくさんいますよね。
太宰治のヴィヨンの妻などは、学生時代に読むように言われたり好んで読んだ人もいるでしょう。
せっかく昔からの名作を読まないのはもったいないと思いませんか?

でも忙しくて本を買いに行く暇もない、図書館なんてもっといけない。
自分に言い訳して、活字離れをどんどん進めていませんか?
そこで太宰治などの国内作家の作品はこちらを見ると良いですよ。
ゴマブックスでは、国内作家の作品を豊富に取り扱っています。
電子書籍ですので、読みたいと思った時に購入できいつでも読むことも可能です。
通常の書籍と違い、重い本を持ち歩く必要もありませんので外出先でも手軽に読めますよ。

懐かしいあの本を読み返したい、最近発売したあの本が読んでみたい。
そう思ったら、ゴマブックスで探してみるといいでしょう。
これを機に活字離れを少しやめてみませんか。
作品のラインナップは上のリンク先から検索してください。