カーシェアリング事業を始めてみたい方へ。

11月 2nd, 2018

「車を持っているのがステータス」なんて言われていたのも今は昔。
車は買えば終わりではなく、ガソリン代、保険代、税金など維持費がとてもかかります。
そのため、若い方を中心に車離れが深刻になっている、というニュースを見かける日が多くなりました。

とはいえ、たまには車を運転したいという方や車で出かけたい用事があるという方も少なくありません。
そのような方はどうしているのかというと、「カーシェア」を行っています。

本日ご紹介するのは、カーシェアリング事業を行っている『ユーピーアール株式会社(http://www.upr-carshare.jp/)』です。
実績のあるシステムと豊富なノウハウで、カーシェアリング事業の推進をバックアップしているとのこと。
その背景には5つの提供しているサービスがあります。

・システム開発
・レンタカー事業運営委託
・カーシェアリングシステムレンタル
・レンタカー事業に関するコンサルティング
・レンタカー事業に関する販促品製作販売

これらの総合的なパワーにより、どなた様でもカーシェアリング事業が軌道に乗るお手伝いをしてくれるのです。
参考資料として、一例ではありますが導入事例をご覧ください。
トヨタ自動車が提供する超小型電気自動車のシェアリング運営委託に関する詳細が記載されています。

太宰治などの国内作家の作品はデジタルブックが読みやすい

7月 22nd, 2017

今は若者の活字離れが問題となっているのをご存知でしょうか。
携帯電話やスマートフォンの普及で、わざわざ本や新聞を読む必要がないということなのでしょう。
わからないことがあればすぐにインターネットで検索できますし、ニュースもインターネットにつなげば最新情報が流れています。
確かにこうなれば、わざわざ本も新聞もいらないかもしれません。

しかし、昔から日本には有名な国内作家がたくさんいますよね。
太宰治のヴィヨンの妻などは、学生時代に読むように言われたり好んで読んだ人もいるでしょう。
せっかく昔からの名作を読まないのはもったいないと思いませんか?

でも忙しくて本を買いに行く暇もない、図書館なんてもっといけない。
自分に言い訳して、活字離れをどんどん進めていませんか?
そこで太宰治などの国内作家の作品はこちらを見ると良いですよ。
ゴマブックスでは、国内作家の作品を豊富に取り扱っています。
電子書籍ですので、読みたいと思った時に購入できいつでも読むことも可能です。
通常の書籍と違い、重い本を持ち歩く必要もありませんので外出先でも手軽に読めますよ。

懐かしいあの本を読み返したい、最近発売したあの本が読んでみたい。
そう思ったら、ゴマブックスで探してみるといいでしょう。
これを機に活字離れを少しやめてみませんか。
作品のラインナップは上のリンク先から検索してください。